2021NAGANO GOOD DESIGN部門大賞「扉グループの文化財・古民家活用の取組」

名称

扉グループの文化財・古民家活用の取組

事業者名

扉ホールディングス株式会社(松本市)

プロフィール

 弊社が取り組む文化財や古民家を活用した飲食・宿泊施設の運営が、長野県のデザインレベルアップを実現するサービスであると考えこの度応募をさせていただきました。自然や歴史豊かな長野県には価値のある建物が多く残っており、そのような建物を保存するだけでなく、積極的に活用することは地域活性化に貢献するのみでなく、「新しいものだけでなく,古いものの価値を再発見し、次世代に繋ぐ」ものとして今後も重要になってくると考えています。

 弊社は本年創業90年を迎えた扉温泉明神館を中心とする企業で、長野県松本市で宿泊・飲食施設の運営をしております。そのうち3施設は国の登録有形文化財に登録された建物を含み、宿泊・飲食施設として運営し、保存するだけでなく活用することにより新たな価値の発信、地域経済への貢献、また雇用の創出により移住者の促進を含む地域活性化の一助となっています。このような取組は、少子高齢化や担い手不足により今後も増加すると考えられる長野県内の歴史、価値のある施設を活用するモデルとなると考えています。

1.2006年開業 レストラン ヒカリヤ(国の登録有形文化財)

 築130年以上、松本市東町にあった名門商家「光家」の建物を改装し、日本料理「ヒカリヤヒガシ」、フレンチレストラン「ヒカリヤニシ」として運営をしております。建物の持つ雰囲気が人気を博し、開業当初から、結婚式など特別な時間を過ごす場所として使用いただいております。また建物(ヒカリヤ主屋と文書庫)は2010年に国の登録有形文化財への登録がされました。ヒカリヤニシは、2014年に世界的なホテル・レストラン組織であるルレ・エ・シャトーに厳格な審査基準をクリアし加盟しました。審査基準の中には空間的な評価基準もあり、文化財を活用した建物のもつ魅力も評価されました。レストラン開業の背景には、かつてはあたり一面に広がっていた光屋の蔵は取り壊され、駐車場になっていく中で、建物の価値を見直し、活用することで次世代に繋げる想いのもと始まりました。

2.2019年開業 Satoyama villa DEN

 扉グループでは2019年より「里山再生プロジェクト」として、豊かな自然と生活が残る松本市内の里山に位置する古民家を改修し宿泊施設として運営を始めました。第一弾として松本市中山に位置する築100年以上の古民家を改修し、民泊宿として営業を始めました。オーガニックガーデンやBBQスペースも併設し、豊かな自然を感じながら宿泊できる場所として、県内外のご家族や友人グループに人気です。

3.2020年開業 Satoyama villa 本陣

 「里山再生プロジェクト」の第二弾として、松本市四賀地区にある「旧小澤家本陣」の建物を改修し、2020年に宿泊施設として生まれ変わりました。こちらは旧江戸街道保福寺宿に位置し、かつて松本藩主が参勤交代の際に使用した建物です(当時の建物は明治時代末期の火災で焼失、現在の建物は大正時代に再建されたもの)。本年7月には国の登録有形文化財へ登録されました。県内外からお越しになる宿泊客の他、敷地内にある離れの洋館では松本市で人気の喫茶店が営業を開始し、若者が訪れるきっかけとなっています。

4.松本丸の内ホテル併設 「アルモニービアン」

 松本城近くの大名町に位置する1937年に建てられた「旧第一勧業銀行」(現:アルモニービアン)は2007年に国の登録有形文化財に登録された建物で、現在はアルモニービアンとして結婚式場ならびに飲食施設として運営。松本のシンボルの1つとなっています。

扉ホールディングス ホームページ http://www.tobira-group.com/

分類

NAGANO GOOD DESIGN部門

PAGE TOP